六川ファーム web店長HIROが奔走中!! (旧 上門園)

六川(むつがわ)ファーム web店長 HIRO のブログです。農園の様子や日々思うことなどを気ままにお伝えしようと思います。

由良町少年柔道大会で銀メダル!!

9/16に今年も【由良町少年柔道大会】が開催されました。

昨年のこの大会で、個人戦女子1・2年の部で銅メダルをゲットしていましたが、今年は団体戦の低学年の部でなんと準優勝!!銀メダルをいただきました!!~ヽ('ー`)ノ~


でも色々とありました・・・。


3年生の我が娘は開会式中に貧血を起こし、顔は真っ青で、「気持ち悪い・・・」
試合の始まる直前(4試合目で助かった)まで横になっていましたが、唇まで青いし。
1回戦に勝てば銅メダルがもらえるのは本人もわかっていたので、1回戦は絶対に出たいと言っていました。

試合はふらふらしながら何とか引き分け、団体でも大将戦を制し2回戦に進出しました。

ふらふらしながら奮闘中!!
<ふらふらしながらも奮闘中の娘(左側の紫帯) その左に座っているのが瀧川先生>


2回戦の前、娘は気分も悪いし銅メダルをもらえる安心感(?)からか、もう出たくない、しんどいとのこと。
それを聞いて僕は、顔色は悪い、娘も出たくないと言っている、1回戦出ただけでもよくやった、と思って2回戦からはもう棄権しますと先生に伝えました。

ところが先生は、
「礼をして、すぐ投げられたらいいから」
と2回戦も出るように勧めます。

娘の顔をじっと見て、
「お父さんとお母さんがおるからちょっと甘えとるな~。」
「うん、この顔なら大丈夫。」

おお~、そうきましたか。
先生の話を聞いて本人もどうしょうかな?という感じになってきたので、
「すぐ投げられたらいいから、行っといで。」
ぼくもちょと背中を押してやしました。


娘の性格的にすぐ投げられるなんてありえない、と思っていましたが、案の定、危ない場面もありましたが、何とかこの試合も引き分け、団体でもまたもや大将戦を制し何と決勝進出!!
もしも娘が棄権していたら余裕で負けているところでした。(^_^;)


決勝では娘も団体でも、あと少しのところで負けてしまいましたが、決勝戦という舞台でメンバー全員、全力で試合をしていました。

表彰される滝川柔道場団体戦のメンバー
<表彰される滝川柔道場、低学年の部団体戦のメンバー。緊張してる?>


さて、娘の体調ですが、夕方帰る頃には本調子ではないものの元気になっていました。
人間の身体が心の付属物というのが良くわかります。

また、子供のことは親が一番良く分かっているというのも、ちょっと違っていました。

今回は子供や親が、「ここまでしかできない」と線引きをしていたのですが、先生がその一歩先、あと少しだけやってごらん、やれるよ、と言ってくれたおかげで、「ここまでしかできない線」はもっと先にあることがわかりました。

「あの時、あそこまでやれた。」

娘にとっては銀メダル以上に価値のあるものではないでしょうか?

すぐ忘れる? いやいや、こんな体験が血となり肉となり、知らず知らずのうちに成長していくのだと思います。

銀メダルをもらってニッコリ!!
<銀メダルをもらってニコニコの娘。それ以上のものをもらっているとも知らず・・・>


ところで、この大会は個人戦もあるのですが、団体戦で準優勝したメンバーは個人戦ではひとりも入賞ならず・・・。。。。(〃_ _)σ∥

これも不思議なもので、運とか組み合わせもあるでしょうが、やはり団体戦はチームワーク、チームとしての結束力、勢い、などではないかと思います。

柔道は個人競技と思われがちですが・・・。( ̄ー+ ̄)ニヤリッ


滝川柔道場のみんな
<愛すべき滝川柔道場のみんな。保育園の子がいっぱい!!>


なんか、いい感じです。






スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する