FC2ブログ

六川ファーム web店長HIROが奔走中!! (旧 上門園)

六川(むつがわ)ファーム web店長 HIRO のブログです。農園の様子や日々思うことなどを気ままにお伝えしようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紅俺ん路みかん 10/25の様子

紅俺ん路みかんの10/25時点での様子です。

ようやく色づき始めた紅俺ん路みかん
<ようやく色づき始めた紅俺ん路みかん>

最近ようやく色づき始めました。
ここ何日か前までは、日中は汗ばむ陽気!!
もっとグッと冷え込まないと、色づきはなかなか進みません。

今年は盆明け以降、雨の日が多く、さらに台風の大雨もあって、みかん農家にとっては非常に厳しい年になっています。(T_T)

通常、今年は全国的に表年でたくさんみかんのできる年なのですが、梅雨時の日照不足や夏場の高温等の影響か生理落下が多く、実の数は今までの表年のようにたくさんできていません。

また、開花も1~2週間程遅れ、今のところ気温も高めなので、出荷時期も遅れるのではないかと予想しています。



【上門庄亮の紅俺ん路の話】

園主の上門庄亮。今年の紅俺ん路みかんの状況説明中です。
<園主の上門庄亮。今年の紅俺ん路みかんの状況説明中です。>

現在の紅俺ん路みかんの出来は?

今年は雨が多かったので、やっぱり例年よりも糖度は低いです。

ただ、酸味がなかったら今後美味しくなる見込みはないけど、紅俺ん路はまだまだ酸味があるので、これから糖度が高くなる可能性は十分にありますね。

新しい農法にして樹に勢いがありますし、今ある酸味をどんどん糖に変えて、後半ほど糖度が上がってくると思うので楽しみにしています。


みかんのサイズは?

今年は大玉傾向。M・L中心になりそうです。
<今年は大玉傾向。M・L中心になりそうです。>

今年は雨が多い分、かつてないくらい大きくなっています。
今まではどんなに大きくてもS中心だったのが、今年はM・L中心になりそう。
2Lもけっこうできるかもしれません。


今年は無農薬に挑戦中?

無農薬にしてから葉っぱもツヤツヤ。でも実には黒点がついています。
<無農薬にしてから葉っぱもツヤツヤ。でも実には黒点がついています。(>_<)>

今年は今のところ無農薬です。
化学的な殺菌剤も殺虫剤も使っていません。
どうしても外観は悪くなるので、そこはぜひご了承願いたいです。(上の写真参照)

今年はカミキリムシやカメムシの大発生がなかったので、無農薬で行けましたが、来年もそれができる保証はないです。

カミキリムシが大発生したら樹が枯れて来年からみかんができなくなってしまいます。
そんな時はさすがに殺虫剤が必要です。
無農薬にこだわるあまり、来年からみかんは出荷できません、といった無責任なことはしたくないからです。

ただやはり、お客様にはより安全・安心なみかんをお届けしたいです。
美味しく食べてもらって、さらに健康になったらこれ以上のことはありません。


外皮まで食べられるみかん?

みかんの外皮には「へスぺリジン」という、骨粗鬆症の予防、アレルギーの予防といった効果のある栄養素がたくさん含まれています。

この外皮も安心して食べてもらいたい、というのが無農薬みかんを作ろうと思ったきっかけです。


無農薬みかんは土作りから

今年のみかんは「病害虫に負けないぞ」という、見るからに丈夫そうな顔をしているし、葉っぱも厚くテカテカしている。

みかんが無農薬に耐えられたのは、もう何年も除草剤をやらないのはもちろん、茶粕・米ぬか・大豆粕・稲わら等の有機物をやって、土作りをしてきたおかげだと思います。

これは米ぬかです。草生栽培用のヘアリーベッチの芽も出ています。
<これは米ぬかです。草生栽培用のヘアリーベッチの芽も出ています。>

除草剤を使わない畑。有機物も入れ続け、固かった土が柔らかく、あきらかに土の質が変わってきました。
<除草剤を使わない畑。有機物も入れ続け、固かった土が柔らかく、あきらかに土の質が変わってきました。>


無農薬にして、ダニやナメクジも減ってきた。
健康な土から健康な樹になり、そこに栄養価の高いみかんができる。

こんな健康なみかんを、ぜひ皆さんに食べてもらいたいです。
どうぞ12月を楽しみにしていてください。



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。